HOME 韓国情報 韓国速報.com 韓国経済.com ビジネス情報.com
ルネサス、鶴丸・新社長の誓い-4|ビジネス情報.com

ビジネス情報.com

企業ビジネスに関する情報を提供します。
ビジネス情報.com TOP  >  ルネサス >  ルネサス、鶴丸・新社長の誓い-4


最新記事

ルネサス、鶴丸・新社長の誓い-4

混乱期の社長交代である。経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは、前任の赤尾泰社長に代わって2月22日付で鶴丸哲哉取締役が新トップに就任した。ルネサスは9月末に官製ファンドの産業革新機構やトヨタ自動車などから1500億円の出資を受けることが正式決定しており、まさに動乱のさなかに舵を託された格好だ。新社長は何を考え、ルネサスを変えていこうとしているのか。鶴丸社長を直撃した。
2013-03-27-b004.jpg

――ルネサスモバイルは、フィンランドのノキアとのシナジー効果を期待して10年に180億円を投じて買収したが赤字続きでした。一方でクアルコムは、世界のスマートフォン市場を席巻している。なぜルネサスは、ノキアと組んで同じことができなかったのでしょうか。

当時の着眼点はよかったが、携帯電話の移り変わりの激しさについていけなかった。従来、持っていたわれわれのモバイル事業(従来型携帯電話向けビジネス)が、スマホの勢力拡大によって急激に小さくなった。携帯電話の分野の変化についていけず、今回の事業の方向性の見直しをする状況になった。


迅速な対応が取れなかったのが赤字の要因

――今後の工場再編についての考え方は。

売上高が下がっているとおり、システムLSIを生産する鶴岡工場などの稼働率は落ちています。昨年7月に工場の再編について発表しましたが、それに沿って1つ1つ進めさせていただいている。今回も後工程3工場の売却を発表しました。


――ルネサスはなぜ赤字が続いているのか?

結果として、迅速な行動がとれなかったことがある。ルネサステクノロジとNECエレクトロニクスが10年に一緒になり、新しい会社がスタートした時、100日プロジェクトを作った。2〜3年後はついてどうあるべきか、方法論や戦術を議論した。その時はやれると考えていたが、それ以後のさまざまな外部環境を含めた変化がすごく大きかった。

1つは東日本大震災で那珂工場が被災して、お客様にすごく迷惑をかけてしまった。その後に続くタイの洪水や中国問題、欧州問題などもあった。それが赤字の理由のすべてというわけではないが、大きな波に飲まれてしまい、船出したばかりの新会社が大波を受けたのが苦しかった。経営は結果しかないが、そこの大波に対応できなかったというのがルネサスの赤字体質の原因でもある。

ルネサス、鶴丸・新社長の誓い-5 へつづく

(東洋経済)




関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ [ 2013年03月27日 15:14 ] カテゴリ:ルネサス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム

スポンサードリンク
人気記事
カテゴリーメニュー
韓国芸能 人気カテゴリー&ページ