HOME 韓国情報 韓国速報.com 韓国経済.com ビジネス情報.com
ドコモ、“ツートップ”戦略の勝算!!|ビジネス情報.com

ビジネス情報.com

企業ビジネスに関する情報を提供します。
ビジネス情報.com TOP  >  NTTドコモ  >  ドコモ、“ツートップ”戦略の勝算!!


最新記事

ドコモ、“ツートップ”戦略の勝算!!

2013-05-16-b001.jpg

NTTドコモは5月15日、都内で今年の夏モデルとなるモバイル端末の新商品発表会を開催した。

今回のサプライズは、無料通話・メッセージングアプリとして、1億5000万以上のユーザーを抱え、快進撃を続ける「LINE」との連携だ。「らくらくスマートフォン」向けのアプリ開発や、ドコモ回線での音声通話ができる専用ボタンを配置する、などの取り組みを進める。LINE株式会社の森川亮社長は「ドコモと連携することで、18歳未満のユーザーIDによる検索機能の制限などを進めていく。プロモーションなども両社で共同してやっていきたい」と話した。

今回は基礎的な内容が発表されたに過ぎない。ドコモの加藤薰社長は「LINEは非常に勢いのあるアプリ。今後はサービスだけでなく、両社でさまざまなものを提案していきたい。戦略的な提携と考えてもらって結構」と今後に期待を寄せる。ドコモは現在、独自サービス「dマーケット」の拡充を進めており、積極的にサービス開発を進めている。今後、LINEとの連携によってどのようなサービス、コンテンツを生み出すのか。同じくLINEと提携するライバルKDDIには目立った動きが見られないだけに、ドコモの動向が注目されそうだ。

「ギャラクシー」と「エクスペリア」を集中販促

13年夏モデルとしてはスマートフォン10機種、タブレット1機種が披露された。最大のポイントは、韓国サムスン電子の「ギャラクシー」とソニーの「エクスペリア」という、人気が高く、競争力のある2つのスマホ、いわば“ツートップ”に絞って集中的に販促を展開する戦略である。KDDI(au)、ソフトバンクが販売する米アップルの「アイフォーン(iPhone)」の対抗策となる。

まずはサムスンの「ギャラクシーS4」。1.9ギガヘルツクアッドコアCPU(オクタコアではないモデル)、世界初のフルHD有機ELディスプレーを搭載。カメラには、写真の背景に写り込んだ人物を自然に消去する機能や、動画再生中に視線を外すと再生を中断する機能などが盛り込まれている。5月16日に予約開始、5月23日に発売となる。

もうひとつがソニーの「エクスペリア A(エース)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)。ソニーが発表しているグローバル機種「エクスペリア ZR」のドコモ向けモデルとなる。1.5ギガヘルツクアッドコアCPUを搭載。1320万画素のカメラはスリープモードからすぐに撮影できるクイック起動機能が加えられた。そのほか防水・防塵やNFC(近距離の無線通信)、おサイフケータイなど、従来のフィーチャーフォン機能も多数搭載されている。こちらは5月16日に予約開始、5月17日発売だ。

“ツートップ”は特別価格で提供

この主力2機種は特別価格で提供される。「エクスペリアA」の場合、ドコモを10年以上継続利用しており、初めてスマホに乗り換えるユーザーなら、キャンペーンを活用することで、実質5000円程度で購入できるという。主力端末に販促を集中するだけでなく、料金面も優遇することで、「どの機種を選べばよいのかわからない」といったユーザーの声に明確な答えを出す。

そのほかのラインナップは、省電力が自慢のIGZO液晶を搭載した「AQUOS PHONE ZETA」(シャープ)、3020mAhと夏モデル最大のバッテリー容量を誇る「ARROWS NX」(富士通)、従来のフィーチャーフォンを使用するユーザーが使いやすいように配慮した「ELUGA P」(パナソニック)、「MEDIAS X」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ)。高齢者向け端末「らくらくスマートフォン2」(富士通)はLTEに対応し、タッチパネルを改良している。

そのほか、手のひらサイズのコンパクトな機種や、おなじみのディズニースマホなどがそろっている。全体的にみると、スマホ10機種中5機種がバッテリー容量2500mAh以上と、バッテリーの持ちが改善しているのがポイントだ。ドコモによれば、2500mAh以下の機種を含めても、全機種が約2日間(45時間程度)使用可能になったという。バッテリーの持ちを心配してスマホ購入を見送っていたユーザーにとっては朗報かもしれない。

主力機種に絞る戦略は、春モデル「エクスペリア X」(ソニー)の「イチ押し」で実施済み。販売店サイドからも「おすすめ機種がはっきりしているので、初心者ユーザーにも販売しやすい」などと、おおむね評価する声が上がっていた。今回はツートップを打ち出すことで巻き返しを狙う。

一方、ツートップ戦略が空回りすれば、昨年のように販促費用を大幅に積み増すなど、業績面でも追い込まれる結果になりかねない。かねてうわさされるアイフォーン導入も、さらに現実味が増してくる。LINEとの連携も含め、顧客獲得につなげることができるか。ドコモ渾身の夏商戦の幕が開く。

(東洋経済)



関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログパーツ [ 2013年05月16日 13:49 ] カテゴリ:NTTドコモ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム

スポンサードリンク
人気記事
カテゴリーメニュー
韓国芸能 人気カテゴリー&ページ